楽しい一年にするために2019年を先に体験しましょう

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

開けましておめでとうございます。
ゆっくり新年を迎えた方もいれば
どこかに出かけて、
並んでいた方もいたかもしれませんね。

 

 

2018年を振り返って
いかがでしたか?

 

 

目的が達成できた方もいれば
達成できなかった方もいるかも知れませんね。

 

 

その自分に言葉をかけるとしたら
どんな言葉でしょうか?

 

 

どんな自分であれ、
まずは
新年を無事に迎えられた自分を
労ってあげてください。

 

さぁ、では新たな年です。
前に進みましょう!(^▽^)

 

そして、
2019年が最高の終わりになるために
楽しみながらワークをしていきましょう!

 

 

2018年に
悔いが残った方も
そうでない方も

 

 

2019年に
達成、やってみたいことを
考えていただき、
また、
シメージしていただき、

 

 

それを
達成できた、
または
こんな2019年で締めくくりたいという
イメージを

映像で作り
(イメージできる範囲で構いません)

その喜びや感動や笑顔、安堵など
身体で感じてみてください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

今、まさに
その2019年の年末にいる自分を
思いっきり体験してください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そして、その位置から
2019年の一年を
振り返ってみてください。
その際、
感慨深く、楽しく
”感情” が沸くまで
振り返ってくださいね。

 

12月 達成した!
11月 もうすぐ欲しいものが手にはいりそうだ
・・・・

4月は成果が少しずつ目に見えてきたな。
3月は少し行動が増えたな。
2月はこんなことを挑戦したな。
1月はこんなことをしたな。

 

 

と自分なりに2019年を
すでに体験してください。

 

 

その2019年を

頭の中に
身体中で

映像や
身体の感覚
温度、
色、

 

身体のどこで
どんな変化が起きているのかを
観察します。

 

もし、
一年を振り返った時に

何か止めるもの、
感情や、思考がストップ、
または
これは無理だというもの、声
出てきたら、

 

それは本当に無理なのか?
これを突破、
前に進むためにはどうしたらいいのか?
誰が助けになってくれるのか?

 

 

などと可能にするには
どうしたらいいのか
意識を向けてください。

 

 

意識をしていると
ふとした瞬間に
ひらめいたり、
助けになるものに気がついたりします。

 

 

そして、

再び
2019年を振り返って
思いっきり体験しながら、
思い通りに進んでいる自分を
体験して、

 

 

そして、
望む2019年の締めくくりを思う存分に
体験してください。

ここ大切なのは


その時の ”感情” をしっかり
味わえているか
です。

 

 

すると、
2019年の終わりがその通りに
なっているかもしれませんよ(^^)

 

 

成果は2019年の
年末にわかりますので
楽しくワークを試してみてくださいね。

 

 

やった人間にしか
成果も味わえませんからね(^▽^)

 

 

では
素敵な年の始まりを!

 

 

終わり。

 

体験セッション は
こちら。

 

 

こちらも合わせて読んでみてください。

今より簡単に欲しいものを意識的に
手に入れたい方は是非(^▽^)

 

【欲しいものを手にする10の鍵】

1/10 欲しいものを手にする10の鍵 意図編

2/10 欲しいものを手にする10の鍵 人生の目的・情熱

3/10 欲しいものを手にする10の鍵 完了編

4/10 欲しいものを手にする10の鍵 目標編

5/10 欲しいものを手にする10の鍵 ビリーフ編

6/10 欲しいものを手にする10の鍵 精神状態編

7/10 欲しいものを手にする10の鍵 価値観編

8/10 欲しいものを手にする10の鍵 能力編

9/10 欲しいものを手にする10の鍵 フィールド(場)編

10/10  欲しいものを手にする10の鍵 信頼編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験セッションしてます。
楽しくさらにその先へ『自信クリエイト』

60分の体験セッションはこちら
 

LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40wdk5987p

メルマガも配信してます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTmhwIRnMs

 
アメブロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください