自分の可能性を無駄にする人の3つの特徴

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

今日は大きな可能性を
持っているにも関わらず
それを無駄にしている方の

3つ”特徴”

を書いていきたいと思います。

 

私はご相談を受けることが多いのですが、
当たり前ですよね(笑)
そこでいつまでたっても同じ悩みで
相談に来る方がいます。

何度アドバイスしても、
すぐにまた違う方向に行っちゃうんですよね、
その人たち。

 

私は
本当にその人の可能性がわかっている分、
悲しい思いになるんですよね。

 

ぜひ、あなたは同じ過ちをせず、
自分の可能性
さらに広げていただけると
いいなと思います(^^)

 

 

では、3つの特徴の1つ目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①  
上手くいっていない
価値観を
いつまでも強く握りしめている人

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今まで
自分が学んできたもの、経験したものを
上手く機能していないにも関わらず、
いつまでも握りしめているんですよね。
信じているんですよね。

 

それで上手くいっていれば
そのままで良いのですが、
上手くいかないということは
その価値観は
すでに機能しなくなっているのですよね。

 

例えば、
プレーヤーとして
営業成績トップを続けてきた人が
「自分の思うようにやれば売れる」
と思っていたとしましょう。

そして、
その人は昇進をし、
部下をマネージングすることになった。
そして、
これまで通りに部下にも
自分のやり方を伝えた。
しかし、
なかなか売り上げが伸びない。

 

そう、
そのやり方はもう役に立たない事に
気付き手放さないと
上手くいくことはないですよね。

 

次は3つの特徴の2つ目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


自分に都合の悪いアドバイスは
聞かないか、都合の良いように解釈する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

例えば、
その人をより良くしたいと
いつも同じ現象で嫌な思いをしているので、
自分を見直しましょうと
自分の思考・行動が
人を鏡にして現れているのですよ
とお伝えしても、
いつまでも相手のせい、
私は被害者だと思い続けます。

 

または自分に都合の良い話・情報を
持ってきてすり替えてしまいます。

 

このタイプの人は
被害者意識を持っている時、

相手は
そのやり方は好ましくない、
こうした方が良いと
アドバイスをしていたとしても

 

指摘されたことを不快に思い
私は否定されたと思い込み、

 

改善点を伝えてくれている人に
まるで自分が被害者かのように
抵抗したり、攻撃したりします。

 

当然、相手は改善点を伝えているのに
改善するどころか攻撃されたら、
その人に対して
良い感情を抱くことはありませんよね。

 

そして、
さらに私はあの人に嫌われていると
思い込み、被害者意識を強めます。
自分の行いが引き起こしているにも関わらず、
自分を改善をしようとしません。

 

そして、3つの特徴の3つ目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これをやればよくなると思っていても
なかなか行動しない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは多くの人が
経験があるかもしれません。

ついつい後回しにしてしまう。

 

教わってすぐにやれば
定着もし、スキルになりますが
頭では分かっていても
行動していないので、
結局、知識だけはあるけど
身につかないのですね。

 

 

以上が、
可能性を無駄にしている人の3つ特徴です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ではどうしたら良いのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まずは
今起きている現象は
自分が引き起こしてることを認識し、
自分の何かを改善する必要があるという事に
気づく必要がありますよね。

 

自分の行動を振り返り、

自分の思考や行動の
何が機能していないのか?

自分で気づけなければ信頼できる誰かに
相談するなどして、
客観的に自分を見るようにすると
良いですね(^^)

 

それは
自分自身を否定するのではなく、
やり方が間違っているから、
それを改善するだけ。

自分自身・アイデンティティを否定
されていると思ってしまうと
落ち込んだり、抵抗したり、
攻撃をしてしまうことが
ありますからね。

 

 

初めて自転車に乗り、乗れなくても
自分はダメだとは思いませんよね。
乗れない方が当たり前ですよね。

それは乗るためのコツを知らなかったり、
慣れていないという事が分かっているから。

 

 

人はそのつもりがなくても
無意識に言葉を
省略してしまうことがありますよね。

その時、
その人を否定しているのではなく、
行動や今の能力では足りない事を
伝えているだけのつもりでも、
説明不足で
相手にはそれが伝わらなかったり、
誤解を与えてしまうことがあります。

ただそれだけだったのかもしれません。

 

人や表に現れる現象は自分の投影です。

だから、
自分の改善する課題だと思って、
課題に取り組んでみてください。

 

 

課題が解決した時、
大きな可能性が開きだしますよ(^▽^)

 

 

変えられるのは自分だけ。

 

終わり。

 

 

ネットラジオ 月木 朝7時 配信中
『本当は簡単‼︎ 穏やかな毎日への変え方』

https://www.himalaya.com/ja/show/1133310

 

体験セッション は
こちら。

 

こちらも合わせて読んでみてください。

今より簡単に欲しいものを意識的に
手に入れたい方は是非(^▽^)

【欲しいものを手にする10の鍵】

1/10 欲しいものを手にする10の鍵 意図編

2/10 欲しいものを手にする10の鍵 人生の目的・情熱

3/10 欲しいものを手にする10の鍵 完了編

4/10 欲しいものを手にする10の鍵 目標編

5/10 欲しいものを手にする10の鍵 ビリーフ編

6/10 欲しいものを手にする10の鍵 精神状態編

7/10 欲しいものを手にする10の鍵 価値観編

8/10 欲しいものを手にする10の鍵 能力編

9/10 欲しいものを手にする10の鍵 フィールド(場)編

10/10  欲しいものを手にする10の鍵 信頼編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験セッションしてます。

60分の体験セッションはこちら
 

LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40wdk5987p

メルマガも配信してます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTmhwIRnMs

 
アメブロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください