自分に帰る、除夜の鐘への苦情から思った事

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

先日、友人がFBで
北海道のある寺院で除夜の鐘を
突くことを中止するというニュースを
シェアしていた。
理由は近隣からの苦情。

 

私が思ったのは、
こんなにも人の心から余裕がなくなっているのかと。

この様なニュースは近年
この時期になるとよく目にする様になり、
昨年も同じ様なことを思った気がする。

 

人が ”自分に帰る” ことが
こんなにも難しくなってしまったのか、
巷では海外の影響でもたらされた
マインドフルネスや寺院で行われる瞑想会が
数多く開催されている。

 

なぜだろう、
本来日本にはそんなことをしなくても数多くの
自分に帰る文化がたくさんあるというのに。

 

 

私は会社員時代、
うつ の初期症状だという
診断を受けたことがある。

 

 

ある時、
いつもだったらやる気が出ない時期があっても
1ヶ月あれば回復していた。

しかし、3ヶ月経っても
自分の本調子にならない。
もともとかなり元気だから余計だ。

これはいよいよ病院かと思った。

友人に長年 うつ やパニック障害などで
苦しんでいる人がいたため、
そうなる前に何とかしないと
と思ったからだ。

 

 

診断は簡単、看護師により
アンケートが配られ、
いくつかの質問に答えるというもの。
そのシートをもとに先生が言った。
うつの初期症状だね」

 

 

そして、「うつの薬を出すね」と。

 

私は全くもって納得がいかない。
ただムカついた、
「何でこの私が!!!」と。

 

今思えば自分の
セルフイメージに合わなかったのだ。

 

ただ、目の前のとても穏やかで優しい
ハーバード出の中国人の先生を
責めても仕方がない。

 

とにかく私はうつの薬を拒否した、
先生は漢方で様子を見ようと漢方を出してくれた。

 

 

そこから、私はネットサーフィン。
どうしたら症状が改善するのか、調べまくって、
特に食べ物を変え、陽を浴び、
休息を大切に時々半休や有給を使った。

 

 

会社の忙しい時期の食事は
給湯室で
大豆由来のプロテインを飲み、
夜は青魚。

 

 

そして、
数ヶ月経った頃、すでに病院も行かず、
普通に元の自分に戻っていた

 

同じ頃、初めて 花粉症 にもなった。
同じ様に調べまくった。

今では多少、
疲れるとご挨拶程度に顔を現してくれるが、
ワークをすればすぐにいなくなる。

体調のバロメーターとして、
あえて残しているくらいだ。

 

 

あの時
なぜこんなことが起きたのか。

当時の私は上司に言われたことは
要望以上の結果を出した。

 

しかし、
そこに私の自由がないのだ!
当時の上司は簡単に言うと独裁者だ。
自分の思った通りにならないと
すぐにヒステリックにキレ出す。
ちなみに女性。

 

 

だから、それが面倒くさいから、
全ての要望に応えた。期待以上の。
評価も得た。

 

しかし、
そこに喜びなど何もない。
そこには自分がいない
私ではないのだ。
彼女の優秀なロボットでしかない。

 

私の考えなど入れてはいけないのだ。
優秀なロボットは彼女を喜ばせた。

 

しかし、
そのロボットは
自分じゃなくなったために
心が壊れたのだ。
心がそこにあることを
見ないふりをしていたからだ。

 

 

だから、
自分を取り戻すために
自分に集中をした
ただそれだけなのだ。

 

 

 

私は保育園の頃から高校1年まで
書道を習っていた。

 

最初はみんなとの
おふざけが好きで行っていた。
しかし、
私の記憶では小学校2年生の頃、
突如それをやめ、
書くことに集中し出した。

 

理由は分からない。
幼心にこれではダメだと
思ったのかもしれない。

ただ、紙に向かい書き続けた。
先生に赤丸を貰えれば
帰ることができるシステムだった。
みんなは早く帰りたいから何回も見せに行き
どんどん先に上がっていく。

 

 

私は自分の完璧を求め、
一発で丸をもらいたいから
書き続けた。
見せないと上達しないよとも言われたし、
それもよくわかっていたが、
ただ自分のために書くことが
好きだったのかもしれない。

 

 

きっと瞑想状態だったのだろう。

 

中学生になってからは
一番最初に行き
一番最後に帰る子になっていた。

 

ただ書きたかったのだ。

 

私の出た中学はとてもいじめがひどかった。
特に私のクラス。先生もおかしかった。
ホームルーム後
女生徒だけ残し、ドアに鍵を閉めた。
そして、みんなの良いところを言い出し・・・
何がしたかったのだろうか・・・・キモイ。

 

今だったら相当やばい。
当時もやばいけど(笑)

 

うちの町は
中学になると3校の小学校が合併する、
私の小学時代は平和だった。
しかし、
他の2校は違った。

 

おかげで陰険ないじめを毎日の様に
目にする環境に変わった。

 

私はいじめる側に絶対に加わりたくなかった。
嫌いじゃない子をいじめる理由は
私には全くわからないから。

 

これは父のひねくれた
反骨精神からきたのかはわからない。
昔、小学校の低学年の父が高学年の先輩に
いじめられたことがあった、
そして、ある日帰り道に隠れて待ち伏せをし、
その高学年の先輩を木で殴って仕返しをしたというのだ。

 

やられたらやりかえせ!
と言わんばかりに父は武勇伝の様に話していた。
この男もいつも一匹狼だ。

 

それ当たりどころを間違えたらやばい、
暴行だなと私は思ったが。

 

 

 

ちなみにこの中学時代に
”女は男が絡むと怖い” という
思い込みも作り出してしまった(笑)
女の嫉妬ってやつで人を傷つける。

 

 

さておき、

こんなクラスで中立を保とうとしたり
納得のいかないことを
口にださずにいられない性分は
なかなかしんどいのだ。
孤立もする。

 

 

のちに友人や周りは
「小池は強いね」と言ったが
そんなことはない、
父の影響、
自分が納得しないことは
したくないだけだ、
その選択が辛いものだとしても。

 

 

嫌いでもない子をいじめたり、
無視したら
その方が一生後悔する。

 

 

気にいらないなら、
陰険な真似しないで
真っ向から向かえと思っていたし。

 

そんな中、
私は書道クラブに入っていた。
同級生はいない、
いるのは先輩の男子生徒だけ。
全く書道とは関係なさそうな人たち(笑)

 

そこでもとにかく書いた。
自分とだけ向き合える時間だ。
先輩との会話も楽しかった。

 

バレーボール部に所属していたが
部活は部活で楽しい部分も
面倒くさい部分もある。

 

だから、
このクラブの時間と
書道塾の空間が一番穏やかで
自分に帰る場所だったのかもしれない。

 

 

そして、
いじめが一巡するとターゲットは
いじめの首謀者にも。
クラスが違うにも関わらず
代わる代わる私に助けを求めにきた。

 

私に裏で嫌がらせをしていた人間も。

 

私は自分に従った。
何にもしないという選択だ。

 

みんながもがいていたんだと思う。
ある首謀の一人は親の離婚問題、
引っ越しという問題を抱えていた。

 

 

どこにも帰る場所がなかったのだろう。

 

 

 

どんなわけか私は『道』という名のつく
日本の文化がすごく好きだ。

 

大学時代はオープンスクールで
華道・茶道も習った。
そこには友人は誰もいない。
ただ私だけ。

 

とにかく目の前の作品に集中する。
周りには仲良しおばちゃん達が
あーでもないこーでもないと
話をしているが、
ただ私は目の前に集中した。

 

 

書を見て、華を見て、茶を見て
自分を見ていたのかもしれない。

 

 

そこには
先人の教えがたくさん詰まっている。
私にはまだまだわからない。

 

 

今は能とい世界を見せてもらっている。

 

詳しいことはわからない。
きっとこれからもわからない。

 

ただそこにいることで自分に帰ることができる。

 

伝統文化とは
先人が人が生きる上で必要な
たくさんの教えを込めてくれているものだと思う。

 

 

枯葉の散った庭に
ありのままの美を感じ、
何もない空間から、
自らの想像を膨らます。

 

 

目の前の事に集中をし、
自分の小宇宙を感じ、
自分を取り戻していく。

 

 

だからこそ、
この余裕のない時代に必要なのだと思う。

 

自分に帰る場所がない、
周りのことが許せない、
心の余裕がない人が増えている時代。

 

 

そして、
その本来必要な教えに気づかず、
排除して、
また苦しい世界を作り出す人々。

 

 

一方、
気づく人はそこから学び
自らに帰る

そして、
幸せへと自らを導く

 

 

除夜の鐘とは
人間には108つの煩悩があるとされ
それを祓うためだそうだ。

自分を外に向かせている煩悩から
自分に帰るために煩悩を祓う。

 

 

この鐘の音が減らされるのではなく
この鐘の音によって
皆が新年に改めて自らに帰る
少しでも余裕が出て
平穏な世界になるといいなと願う。

 

 

 

●お知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
半額キャンペーン情報です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

年末年始なので

① 通常の
個人セッション60分・90分】

通常60分 22,000円11,000円
通常90分 30,000円15,000円

3回分まで購入可能)

および

② 上記のビリーフを変容するコース
マネークリニック(ウェルシーマインドトレーニング)

通常 50,000円25,000円

 

上記2種類
ーーーーーーーーーーーーーーー

2019年12月23日〜2020年1月3日
ーーーーーーーーーーーーーーー
この期間のだけ

半額
キャンペーンを行います。

(購入後のキャンセル不可)

 

申し込みは
↓↓↓↓↓

ーーーーーーー

お申し込み

キャンペーン期間中のみ
個人セッションもカード可。

※お申し込み確認後

半額キャンペーン用決済URLを
お送りいたします。
ーーーーーーー


これまで行ったことがありませんので、

今後あるかはわかりません。
かなりお得なキャンペーンです。

 

2020年はかなり流れが速い年になるそうなので、
早期に流れに乗って、一年を終えた時に
乗り遅れたなんて事のないようにしてくださいね!

 

 

終わり。

 

 

ネットラジオ 月木 朝7時 配信中
『本当は簡単‼︎ 穏やかな毎日への変え方』

https://www.himalaya.com/ja/show/1133310

 

体験セッション は
こちら。

 

こちらも合わせて読んでみてください。

今より簡単に欲しいものを意識的に
手に入れたい方は是非(^▽^)

【欲しいものを手にする10の鍵】

1/10 欲しいものを手にする10の鍵 意図編

2/10 欲しいものを手にする10の鍵 人生の目的・情熱

3/10 欲しいものを手にする10の鍵 完了編

4/10 欲しいものを手にする10の鍵 目標編

5/10 欲しいものを手にする10の鍵 ビリーフ編

6/10 欲しいものを手にする10の鍵 精神状態編

7/10 欲しいものを手にする10の鍵 価値観編

8/10 欲しいものを手にする10の鍵 能力編

9/10 欲しいものを手にする10の鍵 フィールド(場)編

10/10  欲しいものを手にする10の鍵 信頼編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験セッションしてます。

60分の体験セッションはこちら
 

LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40wdk5987p

メルマガも配信してます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTmhwIRnMs

 
アメブロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください