すごい人はなぜ謙虚なのか?

すごい人はなぜ謙虚なのか?

LINEで送る
Pocket

【すごい人はなぜ謙虚なのか?】

以前、習いたての着崩れた着物でお茶会に参加して日、
後ろから、優しく私の着物をとても褒めてくれた方いました。
私はその人に魅了されました。

あなたの部下がしたわれる影響力を持ちませんか?

憧れの人生を歩んで頂きます!
《セルフパフォーマンスアップトレーナー》の
小池由紀子です。

出会った方で
「この方、謙虚で何だか素敵だな」と思うと、
実はすごい人だったなんてことありますよね。

そういう方は聞きもしないのに
ご自身で「私は何々ですごいんです!」
なんて一切言いません。

以前、お茶席にでご一緒させていただいた方は
見た目も謙虚で、そっとそこにいるという感じの方でした。

席に着く前、緊張しながら、着慣れない着物でいる私に
「素敵な着物と帯ね。最近はこの柄は見ないわ。本当素敵。」と。
そこには本当に相手への気配り、優しさが滲みでていたんです。

その後、主賓席に座られたその方、
80歳を超えた茶道の先生でした。

それがわかり、この先生に習いたい、
近所ならがすぐにでもと思ったくらいです。

またさらに以前、白川郷に一人旅をしてまして、
カフェ好きの私は一軒のカフェに入りました。

お近くにいた、60代くらいの男性が
話しかけてくれました。

毎年ここに来ること、
趣味でものづくりをしていることを
話してくれました。

そして、私にも
手作りの作品をプレゼントしてくれると。

私は図々しくいただくことに
そして後日送ってくださることになったので、
私が何者なのかわかるように名刺をお渡ししました。

そして、その男性も私に
名刺くれました。

そこには”ある大きな団体の会長”であることが
書かれていました。

おそらく、私が名刺をお渡ししなければ
その方も名刺を私に渡されることはなかったでしょう。

ただ自分の作品で喜んで欲しかっただけなのでしょう。

松下幸之助が面接の時に
「あなたは運がいいですか?」
と聞いたのは有名な話ですね。

その裏に隠れているのは”感謝”。

自分一人で生きていないとわかっていれば
そこには誰かの助けがある。

すると”感謝”が生まれる。

自然と相手への配慮が生まれる。
そんな方の周りには人が集まりますよね。

自分を無理に上げようとなどしないですね。

しかし、なかなか余裕もない、
自分を認めてもらうことで
いっぱいになっている人が多いですよね。

だから部下に慕われない、
なぜか人と衝突してしまう、

”気づく”余裕がないのですよね。
だから、無理してひとりで何でもやろうとしたり、
孤独になったり。

すでに素敵な自分は自分の中にいること、
ひとりで頑張らなくても、誰かが助けてくれること、
虚勢など張らなくても素敵な自分であることに

気づいてないんですね。

気づいたら、感謝が生まれます。

全く違うものが見えてきまよ。

なぜなら、
数年前の私がまさに余裕のない代表者でしたから。

だから知っています。

そろそろ気づいて、
幸せな人生を送りませんか?

すごい人との差、
その差はあなたが勝手に創った差

そもそも
そんなものなどないかもしれない。

”あとは気づくだけ”

気づける体験セッションやってます。
まずは気軽に体験!

体験セルフパフォーマンスアップ
心と経済的豊かさ,セッション,体験,セルパフォーマンス

お申し込みはコチラ2

Fin

 

 

 

コメントを残す