やらなくてもいいけど、やったらわかることもある

やらなくてもいいけど,やったらわかることもある

LINEで送る
Pocket

【やらなくてもいいけど,やったらわかることもある】

私はマラソンが遅いし大嫌いです。
しかし、小学生の頃、運悪く選ばれてしまった駅伝メンバーに、

数ヶ月後、
好きな短距離走、
地区でも速いと有名な子と互角になっていました。

憧れの人生を歩んで頂きます!
《セルフパフォーマンスアップトレーナー》の
小池由紀子です。

世の中には、したくない事もたくさんあります。
特にしたくない事をしなくて生きられるならそれもいいと
私は思います。

しかし、
自分が嫌いだ、したくないと思っている事が、
ある時、自分の好きな事の助けをしてくれる事もあるんですよね。

っで、始めの駅伝の話、
私はあまり誰かに勝ちたいと思わないですし、
何が楽しくて、こんな辛い思いをって思ってました。

しかし、この時、単純に速い人と互角に走れる自分が、
素直にうれしかったんですよ。

何よりも、本当に私は長距離走が遅かったんです。
しかし、候補決めをしてる時に
補欠の補欠候補あたりは誰でもいいわけすよ。

だから、みんな出場しないのがわかっているので、
なすり合い、
よく言えば他者推薦と言うヤツで
私は選抜さちゃった訳です。

朝から何十周も走る・・・・

遅いのわかっているし、選手にもならないのもわかっているし、
タダ辛いだけじゃん・・・・・

そう思っていたので、

それが何かの結果につながった事がうれしかったのです。

もちろん、
選抜チームでは一番遅かった。

しかし、学年全参加マラソンで私の前には選抜された子以外はいなかった、
過去最高順位だったのは確かです。

今までは後ろから数えた方が早いのですから・・・・

だからといって
それだけのために、朝から何十周・・・・
憂鬱しか無いのすよ・・・・

しかし、好きな短距離が
ある日、その一番速い子と一緒に走り、
そして互角。

自分でも速いと思ったくらいです。
(まぁそんなに高いレベルじゃないのですけどね 笑)

それがね、ちょっとした自信にはなるんですよね。
可能性を感じるんですよね。
そして、後でいい思い出になるんですよね。

もし今、あなたが仕事で行き詰まっているなら、
その行き詰まりが思わぬところで
あなたが本当にしたい事の手助けをしてくれているかもしれません。

やってみないと、どこで繋がるかなんて、
何を感じるかなんて、本当にわからないのです。

その時は辛いと思っているかもしれない。
しかし、同じことを経験した人を見てみてください。
話を聞いてみてください。

それがあるから、今がある。

そしてあなたが自分の走る道がが決まっているなら、
好きなことが、大切なことがわかっているなら、

嫌な道でもその中
無意識に、自分に必要なものを選んでいます。
そして、後のあなたに大なり小なり影響を与えています。

そのためにもまずは
今の自分を知りましょう!!
あなたが自分の知りたい方向に進めるように。


体験セルフパフォーマンスアップ
心と経済的豊かさ,セッション,体験,セルパフォーマンス

お申し込みはコチラ2

Fin

コメントを残す