上手くいってない時は何かが偏っています。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

人は誰しも、
たくさんの情報を取る能力があります。

しかし、
困難な状況、上手くいっていない時は
その能力が生かされていません。

 

例えば、
あなたのオフィスに
落ち込んでいる人がいるとして
たとえあなたと面識がなくても、
なんとなくその方に気づきませんか?

 

 

よくわからないけど、
今、その人に近づいちゃいけない気がする、
仲の良い方なら声を
かけてあげたくなるなど。

 

 

 

人はその相手のフィジオロジー
身体の使い方、表情など
表に現れている姿で

調子が良いのか、悪いのか
自信があるのか、ないのか・・・

そんな事に気づけます。

 

 

無意識にそれを使ったいるので
言われなければ、言われても、
気付かない人もいますが(^^;

 

 

それは
無意識は知っている
ということですが(^▽^)

 

 

つまり、
表に見える姿を変えれば
感情も変わっているのです。

 

NLPには
『心と身体はひとつのシステムである』
という前提があります。

心と身体は双方に影響
し合っているという事ですね。

 

 

落ち込んでいる時は
顔は下を向き、
胸が閉じ肩も落ちています。

 

反対に
上手くいっている時は
顔は上を向き、
胸が開き肩も上がっています。

 

 

先日、受講した上級NLPセミナー
通称HCTでも
深く学んだのですが、

身体と同じように
【目の動き】
偏るだけでも情報が制限
されてしまいます。

目の動きについては
こちらも御覧ください↓
http://yng35.com/mindset/the-life-changes/

 

NLPの代表システムにはVAKモデルという、
五感で感じるものを3つの代表的なモデルに
分類したものがあります。

V(Visual)・・・視覚
A(Auditory)・・・聴覚
K(Kinestic)・・・身体感覚

 

 

 

この代表的3つを感じる時に
人は目の動きが変わります。
(瞳の向きを確認して頂ければわかり易いです)

 

しかし、
困難や、上手くいかない時はこの動きも
身体と同じように無意識に制限がされています。

ここではその向きなどの詳細は記載しません。

なぜなら、
大切なことは
たくさんの情報・リソースを取るために
偏っている状態を整える事が大切
である事を伝えたいので。

 

 

K 身体で感じている情報ばかり感じている時は
V 視覚からの情報を取りにくい状態にあります。

 

だから、
目を上に向けるだけでも
取れる情報量が変わります。

 

だからといって V 上ばかり見ていても
K A の情報は取りにくくなります。

 

 

 

困難や上手くいっていない時、
身体の動きを変える
そして、動かせない時は
目をバランス良く動かしてみてください。

 

今までとは違う情報をキャッチして、

 

あれ!なんだか軽くなったかも!
とか、
突然、閃きがやってきた!

などの何か変化が起きますよ(^^)

 

そういえば、
先日、歌舞伎町のTOHOの映画館で
『グレイテストショーマン』を観ましたが
幕間で目の運動と

視野を広げるためにと
目を8の字に動かす運動を推奨してました、

最終的にはカードの宣伝でしたが(笑)
私は「やるねぇ〜」と感心してました(*^▽^*)

これ、とっても理にかなっていますし、
実際に臨床現場でも使われるテクニックです。

 ∞

            ⇧中心

このように目を左右上下に動かすんですね。
何か詰まった時は是非、トライしてみてください。

ポイントは
目だけを動かし、左右対称です(^▽^)

 

 

では今日はここまで。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験セッションしてます。
望む”自由”な人生へ『自信クリエイト』

 
メルマガも配信してます
 
アメブロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す