相談できる人がいないは本当?

LINEで送る
Pocket

【相談できる人がいないは本当?】

昔の私も思っていたけど、
結局、自分が何か言い訳つけて
相談しないだけなんだよね。

20代・30代の
「自信クリエイト」したいあなたのための
《セルフパフォーマンスアップトレーナー》
小池由紀子です。

「これ言ったら、何て思われるかな?」
「こんな相談してもわかってもらえない!」
「一人で解決しないきゃ!」
「相談する場所ところがわからない」

こんな事思ってませんか?
これ、あなたの心の中で
勝手に考えている事じゃない?

もちろん、本当にわからないこともあるけど。
大概はあなたの思い込み

相手は待っているかもしれない。
「ま〜だかな?」って。

昔、私が友人に言われた言葉なんですが、

「小池が相談してくれて嬉しかった!
 小池は
 あまり自分の事を話してくれないから。」

ってね。
その時に私は初めて気づいたんですよ・・・

「たま(友人の名)は
聞いてくれようとしてたんだ!」って。

 

あなたの周りにも本当は
待ってくれている人が
いるんじゃない?

 

あなたが気付いてないだけで。
もしくは見ない振りをしてるんじゃない?

相談できるとね、
何がいいかって、

○モヤモヤがなくなるかもしれないし

○客観的な意見だから、
自分の思い込みに気づいたりもするし

○人の温かさがわかるかもしれないし

そして
○あなたが自分で何を考えているのか、
言葉にすることで気づけるしね

もしかしたら相手は
要らん言葉もくれるかもしれない、
それでもいいじゃない!
そんな考えもあるんだ!ってさ。

あなたのためにその人は
時間を使ってくれた、
思考を使ってくれた、

あなたのためにね!

「あなたは一人じゃない。」

相談できる人がいないのではなくて、
あなたがしないだけ
もし、拒否されたというなら、
それは相談する相手を間違えただけ。

話すことで、
解決策が見つかるかもしれない、
相手の愛を感じるかもしれない、
相手を知るかもしれない、
あなたを知るかもしれない、

世の中には
こんなにたくさんの人がいる
いつもあなたと同じ意見とは
限らない。

だから、まずは、
「相談してみる、話してみる」

さぁ、
少しずつでもいい。
自分のことを話してみよう。
最初は一緒に
コーヒーを飲むだけでもいいじゃない(^ー^*)

Fin

体験セッション新宿でやってます!
お申し込みはコチラ2 ←(ストリートアカデミー経由)

コメントを残す