なぜ、目標の先をイメージするのか?

LINEで送る
Pocket

あなたが目標を設定する時、
どんなイメージをしていますか?

 

達成の過程の楽しいイメージでしょうか?
それとも達成後のイメージでしょうか?

 

それとも、
今の現実から逃れたいことに
フォーカスを当てていますか?

 

あなたが目標までのどの位置を
イメージしているかで
結果は変わってきます。

 

 

例えば
こんな実験をした方がいたそうです。

 

課題 )

【五円玉を立てる】

 

そして、挑戦者には
以下の2つの言い回しで
課題を出したそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①五円玉を立ててください。

②五円玉を立てて、
 その後に五円玉の穴に糸を通してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

すると
の言い回しで出題された方の方が
五円玉を立てた方が多かったそうです

 

(その先の目標をイメージすることで目標達成に違いが出る)

 

②で出題された方にとって
五円玉を立てる行為は
糸を通すための過程であり、
糸を通すための前提です。

 

立てなければ糸を
通すことはできませんよね。

つまり
糸を通すためには当然
出来ていなければならない行為です。

 

 

その結果、
無意識は五円玉を立たせる行為を
の言い回しよりも
容易にしていたのですね。

 

もし、あなたが
今ある問題にフォーカスをし、
それを避けることを考えているのであれば

結果として、
問題ばかりをイメージしているので
いつまで経っても
そこから抜け出すこと、
目標達成は
難しいかもしれません。

 

あなたは自分の望む人生のために
何をイメージしますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験セッションしてます。

ストアカ

 
 

小池 由紀子

望む”自由”な人生へ『自信クリエイト』

 
メルマガも配信してます
 
アメブロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す