元気な人になるためのNGワード知ってますか?

LINEで送る
Pocket

【元気な人になるためのNGワード知ってますか?】

「人がどういう病気になっているのかを調べるより、
どんな人が病気になるのかを調べた方が早い。」

ヒポクラテスの言葉にこんな言葉があるそうです。

自分が健康でありたいなら、
どういう言葉を使うのが
いいのかはっきりとわかりました。

《セルフパフォーマンスアップトレーナー》
の小池由紀子です。

何事も健康あってなせるもの。

ガンは言葉で治せるという方がいます。

だから最近、
今までと少し変えて言葉に注力してみてるのです。

自分が元気な時、

その反対の時、

どんな言葉を使い、
またどんな言葉を聞いているのかを
意識してみたのです。

「前者は」
もちろん肯定的な前向きな言葉ですね!

もちろん、空っぽのただの
無理矢理ポジティブな言葉ではありませんよ。

自分の価値観に合わない言葉では、
入っていきませんからね。

「後者は」
〜してはダメ、
〜しなければならない、
〜したらいいけど、

もしかしたら、
それは何かをプラスにしようと思って
言ってる事だとしても、

はじめにネガティヴワードが来ると”脳”は、一度そのネガティヴをイメージしてから、その後の言葉をイメージします。

例えば
「あの人みたいになりたくない!」

だから、
結果的にネガティヴを受け取ってしまい、だんだんと嫌な気分になり、
その言葉に近づきます。

それを毎日聞いていたらどうでしょう?

健康でいたいのに、
具合が悪くなることだってあります。

実際にそんな言葉を使ってると私は疲れてきます。
それがサインですね!

無意識に言葉を発すると
自分の言っている言葉が
どれだけネガティヴか気づきません。

だから、
まず、良くしたくて言ってる言葉なら
脳に受け取って欲しいように
肯定的な、プラスな言葉を使ってはいかがでしょう!

そして、肯定的な言葉を発する人たちと
一緒に過ごした方が賢明です。

あなたも
この先も元気で過ごしたいですよね。

昨日はたくさんのお野菜をいただいてエネルギーチャージでした。

Fin

コメントを残す