信念を貫く

Demon(悪魔)は同じ顔をしてあわられる

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

本日のテーマ
「Demon(悪魔)は同じ顔をしてあわられる」

 

 

今までも障害をクリアしてきた
しかし、
また何か自分の前に大きな障害が
現れた時、
下記のヒーローズジャーニー
思い出して欲しいなぁと思います。

 

 

神話学者のジョゼフキャンベルは
幾つかの神話を
研究をするうちに共通する流れが
あることを発見しました。

 

それがヒーローズ・ジャーニー。

 

スターウォーズのような物語、
小説。映画やドラマ等の裏にも
ある法則です。

 

ある日、問題が起こり当たり前の日常が壊れ、
問題に向き合い、仲間やメンターに出会い、
問題をクリアし、元の日常に戻る

 

「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」
「ファイナルファンタジー」などの
ストーリー展開などからも
あなたもなんとなく

「あ〜はいはい、わかるわかる」

 

と思うかもしれません。

 

 

下記を見てください
この一連の流れは神話・物語だけの
話ではありません。
人生にもこのような流れがあります。

 

1.Calling(天命)
2.Commitment(旅の始まり)
3.Threshold(境界線)
4.Guardians(メンター)
5.Demon(悪魔)
6.Transformation(変容)
7.Complete the task(課題完了)
8.Return home(故郷へ帰る)

 

夢や目標に向かい行動していると
人間関係に問題が生じたり、病気、
トラブルが起きて前に進めない

そんな経験をしたことがある方も
今、それに直面している方も
いるかもしれません。

 

先日書いた。
次のステージにいくために必要なこと

ではそのトラブル・障害が
 ”動乱” 

の状態ですね。

 

 

これを手放し、解決することで
成長し・変容しながら
次のステージにいくわけですね。

 

 

っでここで、
冒頭の
「Demon(悪魔)は同じ顔をしてあわられる」
に戻ります。

 

このヒーローズジャーニーの
1〜8の旅をクリアし、

スターウォーズなどの物語では
青年が敵と戦い、大きく成長し、
帰郷しますよね。

 

 

そして、
成長した青年には
一度クリアしたはずの旅とは違う
また次の旅が始まり、
次の敵、障害が現れますよね。

 

 

しかし、
そこで現れた敵が
前回の旅と
同じ顔、同じ障害だと
感じることがあります。

 

 

人生でも一度
クリアしたと思っていたのに
また同じトラブル・障害が
現れたと感じることがありますよね。

 

 

もちろん、向き合わず、
解決にしないままでは
いつまでも同じ障害、敵、
Demon(悪魔)が消えることは
ありませんが。

 

 

しかし、
きちんと向き合い進んだはずなのに
「また!」と思うことがあります。

 

 

そんな時は、
その内容を観察してみてください。

 

以前の自分とは違う
何かを達成し、成長している自分に
気づくはずです。

 

 

 

つまり、
同じように見えても
そのDemon(悪魔)は
以前よりステージアップした
Demon(悪魔)です。

 

 

 

だから、
まず次のステージに
進んだあなた自身を認め、

さらに自分のステージが上がるのだ

と自分が成長していることに
意識を向けて
その障害。Demon(悪魔)を
観察してみてください。

 

自信がつき、
その出来事が全く別のものに
見えてくるかもしれませんよ。

 

 

 

あなたは確かに前に進んでいる。

 

 

終わり。

 

こちらも合わせて読んでみてください。
今より簡単に欲しいものを意識的に
手に入れたい方は是非(^▽^)

【欲しいものを手にする10の鍵】

1/10 欲しいものを手にする10の鍵 意図編

2/10 欲しいものを手にする10の鍵 人生の目的・情熱

3/10 欲しいものを手にする10の鍵 完了編

4/10 欲しいものを手にする10の鍵 目標編

5/10 欲しいものを手にする10の鍵 ビリーフ編

6/10 欲しいものを手にする10の鍵 精神状態編

7/10 欲しいものを手にする10の鍵 価値観編

8/10 欲しいものを手にする10の鍵 能力編

9/10 欲しいものを手にする10の鍵 フィールド(場)編

10/10  欲しいものを手にする10の鍵 信頼編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験セッションしてます。
望む”自由”な人生へ『自信クリエイト』

60分の体験セッションはこちら
 

メルマガも配信してます
 
アメブロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す