怒られると怒り返しちゃうし気にしちゃう、それ変えませんか!

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

あなたも誰かから怒られて
嫌な思いをしたことはありませんか?

 

今日は最近なぜか
こんなお話が周りで続いたので
書いてみました!

 

 

それは
上司だったり、
パートナーだったり、
先生だったり、
もしかしたら
お客様や見ず知らずの人かもしれません。

 

 

 

そして、そのまま、
相手の怒りを受け取って
しばらく嫌な感覚、
重たい空気をまとっていたりしませんか?

┗(-ω-;)┛・・・・・

 

 

重たい空気を背負っていると
周りにも
「あの人空気重いな(^^;」
ってばれちゃって
しばらく誰も近寄ってきてくれなかったり、
心配されて、気まずくなったり。

 

 

 

そこでちょっとその時のことを
振り返ってみてください。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
怒っている相手は
なぜあなたに怒っているんでしょう?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

それはその人にとって
嫌なポイントに
あなたが
触れちゃったから。

 

 

 

例えば、

あなたが
相手が一生懸命に
やっていることを否定してしまったり、

 

私には関係ありませんと
無視してしまったり、

 

とあったとしましょう。

 

 

これが引き金になって
相手は自分を毀損された
と思ってしまったのです。

 

 

だから、
それをあなたにわかって貰いたくて
怒って知らせてきたということは
ありませんか?

 

 

人は鏡なんて言いますが、
始まりはあなたの言動が
原因だったりするかもしれません。

 

 

 

 

さぁ。
ではここで言いたいのは
「あなたが悪いから反省しなさい!」
ということではありません。

 

 

 

相手の怒りは
仮にあなたが引き金を
引きいたとしても
相手がそれに反応する何かの感情を
持っていたからなんですよね!

 

 

それに反応する
感情や記憶、考えがなければ
反応しないのですね(^^)

 

 

例えば、

『自分は勉強ができる・頭がいい』
と思っている人に

 

 

あなた頭悪いですね!
バカですね!

 

 

なんて言ってもその人は
自分でそう思っていないので
全く気になりません。

 

 

 

反対に
「この人わかってないな」とか
「この人それを理解する能力を持ってないんだな」
なんて
頭が悪いと言った人の方を
哀れんでしまったりする方もいますよね(^^;

 

 

 

だから、
まず怒られたら、
相手の何か気に触る言動を
してしまったという事実を認めた上

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今度はあなた自身にフォーカスです!

σ(・ω・*)私
そうそう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

●相手は何に対して
  怒っているのかを考える

 

相手はわかってもらえなかった感情
わかって欲しくて
怒っているとしたら

それに気付かず、
表面的な議論をしても
上手くいくものも行かなくなりますねよね。

 

 

●あなたの言動を調整する。

 

あなたが勢い良く、
相手に当たったから
その勢いで相手から返ってきた。

 

振り子は同じ力で双方に振れますよね。

だから、
あなたの当たりを加減する。

言葉を柔らかくしたり、
笑顔にしたり、
身体を相手に寄り添ったり、
人に伝えてもらったり、
・・・・・

 

●相手の怒りを受け取らない

 

相手が怒っているのは
相手が気にしていることだったり
相手のルールだったりと
相手の持ち物です。
それを怒りとして伝えてきただけなので

あなたのものとして
怒りを受け取らない!

あくまで相手のものです。

 

 

●怒られた自分は何を
  気にしたのかを考える

 

怒られて気にしたなら
その自分は何を思ったのか?

私はやっぱりダメだ・・・
私は嫌われる・・・
私は悪いことしてないのに・・・
相手が悪いのに・・・

・・・・・・・

 

この感情はあなたの感情です。
あなたの持ち物ですよね、
自分の持ち物なら

自分で整理できますよね(*^▽^*)

 

 

この感情を作り出した
過去の記憶を
引きずって生きている
んですよね!

まずはそこに気づいて欲しいのです!

 

人は過去の経験から
反応を学んでいきます。

・転んだら痛いから気をつけよう!
・子供の頃から友達がたくさんいるから
 人付き合いは得意だ!

・・・・とか

 

 

●この上記で出てきた
  自分の感情をそのまま受け取る

 

 

自分のこの感情を受け取りたくなくて
抵抗をするから、
相手に矛先を向けてしまうのです。

 

 

だから、
「あ〜自分はこんな感情を持っていたんだね〜」
とまずは受け取ってみてください。

 

そこから何かが変わり始めますから。
まずはやってみてくださいね(^▽ー)

 

 

 

●冷静に事象を観察し、
  自分が修正する必要があるかの検討をする

 

 

何かをミスして怒られたのなら
ミスを無くすために何ができるのかを考える

相手に提言して怒らせたなら
どうしたら相手が受け取りやすい方法で
提言できるのかを考える

 

自分の意見を
押し付けていないのかを考える

 

・・・・・・・

 

 

 

ぜひ、これらを試してみてください!

全てを一気にやろうとしなくて良いのです。
まずは今やっていない事を一つでもいいので
やってみてください。

 

徐々に自分の感情が
コントロールできるようになってきますよ(^^)

 

 

余談ですが、

平昌オリンピック 
銀メダリストの宇野昌磨選手が

ジャンプで失敗した後に
笑っている映像を見た方も多いと思うのです。
天然なんて記事も書かれていますよね(@▽@)

 

もし、あの時、笑うこともせず、
気にしてしまったら
銀メダルはなかったかもしれませんね。

 

 

失敗に抵抗することなく受け入れ、
気持ちを切り替え、次に繋げたのですね。

 

 

何より、上手くいかないのは
過去・上手くいっていない自分を
受け入れず
抵抗をし続けること
です。

 

 

 

ダメな自分も受け入れよう!

 

 

終わり。

 

 

 

こちらも合わせて読んでみてください。

今より簡単に欲しいものを意識的に
手に入れたい方は是非(^▽^)

 

【欲しいものを手にする10の鍵】

1/10 欲しいものを手にする10の鍵 意図編

2/10 欲しいものを手にする10の鍵 人生の目的・情熱

3/10 欲しいものを手にする10の鍵 完了編

4/10 欲しいものを手にする10の鍵 目標編

5/10 欲しいものを手にする10の鍵 ビリーフ編

6/10 欲しいものを手にする10の鍵 精神状態編

7/10 欲しいものを手にする10の鍵 価値観編

8/10 欲しいものを手にする10の鍵 能力編

9/10 欲しいものを手にする10の鍵 フィールド(場)編

10/10  欲しいものを手にする10の鍵 信頼編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験セッションしてます。
楽しくさらにその先へ『自信クリエイト』

60分の体験セッションはこちら
 

LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40wdk5987p

メルマガも配信してます
 
アメブロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください